私は51歳、独身です。今は母、弟の三人で暮らしています。私は50歳になるまでに好き勝手に生きてきました。欲しい物があったら買う、ビールも朝から飲みたかったら飲む、そんな生活をしていました。

本能にまかせるままに生きてきたと言ってもいい位です。そんな中、母がリュウマチにかかってしまいました。まだそんなにヒドクはないのですが母に楽をしてもらいたいと思って、まず作業所に通って生活リズムを整えていきました。

当然、朝からビールは飲めません。母のたっての望みの一つアルコールを止めてほしい、それを実現しました。今まではアルコール中毒のように毎日のんでいたのですが「止めよう」と決めたら意外とスッパリと止める事ができました。

そしてもう一つの母の望み、浪費をやめてほしい。これも今の所は実現できています。ビールの出費がなくなったのもありますが、毎週貯金の目標をたてて週末に郵便局に少しづつ貯金をするように始めました。

これが意外と楽しくて自分に合っている節約法だなと気付きました。前の私だったら「母の為に」と恩きせがましく思ってしていたと思いますが今は、将来の私の為に、自立するための基礎を作っていると思えるようになりました。

母の望みを叶えた形ですが最終的には自立の為なんだから、と最近分かってきました。母に感謝です。スララーナの効果と口コミ